K様邸 瓦・雨どい補修工事

施工前の状況

雪の重みで割れてしまった瓦

今年始めの大雪によって、瓦が割れ、雨どいも被害を受けてしまったとのことで、工事させていただきました。
雪害になるので火災保険の適用となります。

見させていただくと、軒先瓦に取付けてあった鉄線に雪が引っかかり、その重みに耐えられずに瓦が割れてしまったようです。この鉄線は台風等の強風時に軒先瓦があおられないためのもので、現在では少ないですが、瓦の下に土を敷いて瓦を固定する葺き方(土葺き)にこの方法がよくとられていました。

施工後

ビスで瓦をしっかり固定

今では、鉄線を取り付けると雪の重みで瓦が割れてしまうので、1枚ずつビス止めして直します。

合計約130枚の瓦を取替えました。

これで雪が積もっても、屋根の下に雪が落ちやすくなりますね。

 

軒樋 拡大写真

 

縦樋も交換

雨どいは、雪の重みで変形したので (Panasonicのいぶし樋ー非常に腰の強いステンレス(銅めっき)を芯材に使用。芯が強く、高い強度で雨どいの寿命を延ばします。)

すべて新しいものと交換させていただきました(#^.^#)

K様、ありがとうございました\(^o^)/

お問い合わせ